【拉致断絶97日目】離婚弁護士達への内容証明

2016年5月9日のこと

息子を拉致断絶され,会うことはおろか電話で声を聞くことも叶わない状況は続いていた。

2月と3月の調停期日は,長い待ち時間だけで終わらされ,4月は期日設定無く,こちらからの第三者機関を介しての息子との再会の協議にも音沙汰は無い。

私からの書面にも返答が無いので,再度,内容証明郵便で送ることにした。

拉致断絶との交渉記録

ある日突然拉致され,関係を風化させられ,再会する事に罪悪感を持たされる虐待を受け,生き別れとなった愛する息子と再会する為に交渉した記録です。 「酷い父親だった。お前は捨てられたんだ。」と聞かされ育つであろう息子が,いつの日か自分のルーツに興味を持ち真実を探した時の為に書き遺します。